ウォーターサーバーのチャイルドロックのタイプ

また、あるウォーターサーバーの機械では、温水、冷水ともにチャイルドロックがついています。使うときには、チャイルドロック解除ボタンを押し、グラスを奥に押せば、温水、または冷水が出てきます。レバー操作で簡単に温水、冷水ともにチャイルドロックをつけることができますし、外すこともできるので、赤ちゃんのいる家庭では安心して使用することができる構造になっています。

しかし、小さな子どもでも、覚えてしまえばチャイルドロックボタンを押しながらグラスを奥へ押すと言う動作自体まではできてしまうのではないかと推測されます。

さらに、あるウォーターサーバーでは温水のみチャイルドロックができます。ただし、ウォーターサーバーのメーカーに申し出れば、冷水にも無料でチャイルドロックをつけることが可能となっています。他にも、コック部分のレバーを奥に押し込み、下に下げることによって出水ができるタイプもあります。このようなタイプならば、なかなか子どもがイタズラすることは難しくなるでしょう。

今、ウォーターサーバーのメーカーも、経済産業省が推奨するウォーターサーバーを提供できるように、かなり意識してきているようです。当然それは、ウォーターサーバーを導入しようと思っている方々の目がそこまで意識をし始めているからです。